トイレの水漏れの原因は老朽化によるものがほとんど

トイレの水漏れの原因は老朽化によるものがほとんど 家電製品にも寿命があるように、新築で建てた家でも経年劣化によって、次第に老朽していきます。トイレも同様で、国税庁が公表している建物や建物に付随する設備に対して、交換の目安となる耐用年数といったものがあります。これは減価償却として経費に計上できるものですが、壊れやすくなる時期を示しているものでもあります。実際に、新築住宅でも、いち早く劣化が見られるのが、こうした水周り箇所ではないでしょうか。比較的丈夫に作られているお手洗いでも、何らかの劣化現象が起きていることが多いものです。

■15年経ったら定期的にチェックを行おう

トイレの耐用年数が即、設備を使えなくなることを意味しているものではありませんが、分かりやすい一つの指標となっています。前日まで使用できていても、次の日に壊れてしまうこともあり、15年を一つの区切りとし、トイレの点検を行うことが必要です。特に、大家として、アパートなどの賃貸住宅を経営している場合、これらのリフォームや補修に伴う経費は、修繕費や減価償却費として経費計上することができます。これらの費用は、確定申告として申告可能となりますので、大きなコストダウンにつながるものです。大きなアパートなどでの水漏れの場合、対処が遅れれば遅れるほど被害も拡大していきますので、15年を目安として定期的なチェックを行っていきましょう。

■生活に重要な場所であるトイレとよくある水漏れ
私たちが生活する上で、なくてはならない個所が、台所や風呂そしてトイレです。台所が使えなくなった場合、外食や電子レンジなどを使用することで対処できる場合もあります。また、風呂は近くに銭湯があれば銭湯で済ませることができます。しかし、トイレは日に何度も利用する場所であり、その都度外で用を足すとなると不便です。トイレは、私たちの日常生活の中で、非常に重要な場所ということになります。
トイレで水漏れが、特に起きやすい場所は水周り部分です。まず、給水管・止水栓といった部分ですが、パッキンや金属部分のさびなどによって水が漏れ出てしまうことがあります。その他に、便器とタンクの隙間から水が漏れているといったケースや、便器と床の隙間から水が漏れてしまうといったものもあります。

■水が漏れてしまう原因のチェックと応急処置

トイレ 水漏れは、ケースによっては汚水が漏れ出てしまう場合も多いため、早急な対策が必要となってきます。まず、給水管や止水栓から、水が出ている場合ですが、給水管から水が出ている際には止水栓を止めます。止水栓から水が漏れているケースは、水道の元栓を直接閉めましょう。水道の元栓は、水道メーターボックスの付近にあり、右側に回すと水が止まるようになっています。
水が漏れてしまう原因として、一番多く見られるのが、水道や水周りなどの接合部分です。排水管の部分からの水漏れは自分で対処しにくいトラブルです。原因には排水管自体の劣化や、詰まりなどが原因となり水の流れが極端に悪くなることです。水が逆流してしまうと、すき間から汚水が流れてしまう場合があります。パッキンなどの劣化やナットの緩みの場合は自分で対処できる可能性もありますが、水漏れ 修理専門の水道業者を速やかに呼ぶことをお勧めします。

■まとめ
トイレは、私たちが日常生活を送る上でも、頻繁に利用する場所です。こうした場所で、水が漏れているのを発見した際には、速やかに原因を探り対処していくことが最も重要です。長年使用しているのであれば定期的に確認しておくことがおすすめですが、トラブルが起きてしまった場合は水が漏れている部分を確認し、自分でできる範囲の応急処置を行い専門の業者に連絡を取りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース